ページトップ

本社:北海道函館市川汲町1548番地 TEL:0138-25-5080
函館支店:北海道函館市高松町575-90 TEL:0138-76-6772

蓄電池


フレキシブル蓄電システム 心と暮らしに太陽を

すでに設置している太陽光発電とつなげることができる蓄電システムです。コンパクトで、操作もカンタン。大掛かりなリフォームの必要もありません。上手に、ムリなく、売電から蓄電にシフトしませんか?

フレキシブル蓄電システム
世界最小・最軽量クラスの蓄電池ユニットを採用!


なぜ蓄電システムが必要なのか?
太陽光発電の固定買取期間は10年です。
11年目以降は蓄電システムを活用して、家計の負担を軽減しよう!

一般家庭の太陽光発電(10kW未満)でつくられた余剰電力の買取期間は10年です。11年目以降は買取価格の大幅な値下げとなるため、発電した電気を低い単価で売るよりは、自家消費して高い電気の購入量を減らす方がおトクになります。上手な節電と蓄電システムを組み合わせて、電気をムダなく・無理なく使う生活をおくりましょう。

余った電気はためて自給自足!
固定価格買取期間終了後におすすめ

余った売っておトクに! 
固定価格買取期間中におすすめ

電気をためる機能があればもしものときも安心!!

突然起こる停電。そんな時にためておいた電気を使えれば安心・安全が得られます。太陽光発電と組み合わせれば日射のある時間帯に電気をためられるので、停電が長引いた場合も安心です。





スマートPVなら導入コストがコンパクト!
「つくる」「ためる」「使う」を1台でコントロールする、
ハイブリッドパワーコンディショナで機器コストを低減。

これまでの太陽光発電システム+蓄電池システムの組み合わせでは、それぞれのシステムにパワーコンディショナが必要でした。ハイブリッドパワーコンディショナは全てを1台でコントロール。それによりシステムの効率化、高機能化と機器コストの低減を実現しました。


スマートPVならロスを抑えてクリーンエネルギーを最大限活用!
少ない変換ロスで充電!

従来の太陽光発電から蓄電池への充電では[直流→交流]→[交流→直流]の2回の変換が必要で、その際に変換ロスが発生していました。本システムでは交流に変換する必要がないので、直流の電気をロスが少ない状態で充電できます。



「電気の見える化」ではじまる、家族のエコライフ!
家族のエコライフ

発電や充放電の状況、売電・買電量や消費電力まで分かりやすく表示。
ワイヤレス通信※なのでお好きな場所に設置でき、
いつでも電気状況をチェックすることが可能です。

※ご使用の際にはACアダプタが必要です。
建物の構造(RC、鉄骨、断熱材のアルミシートなど)等の影響で計測・操作ユニットと専用表示ユニットの通信距離が異なります。通信できる範囲に設置してください。

暮らしに役立つ情報がひと目でわかる

多彩なパターンで分かりやすく表示。日々の節約や、エコへの取り組みに役立ちます。

各部屋の電気の使用状況を確認できます。

消費電力を各部屋(各分岐回路)ごとに表示。ムダを見つけて節約をサポートします。


突然の停電から家族を守る

“もしも“のときこそ、しっかりとした安心を。
停電した場合は自動で電力を供給。いざというときも安心!

従来のシステムでは、停電時に蓄電池への充電を開始するには手動での切り替えが必要でした。本システムは自動で切り替わるので、手動での操作が必要ありません。また、6.5kWhの大容量で、一定時間電気を供給できます。

停電に備えて、設定した電力量を残しておくことができます。

突然の停電に備えるため、設定した蓄電残量になると放電を停止する機能が搭載されています。(SOC下限設定機能)設定した量を常に蓄えておくことで、もしもの時の電力の供給を可能にします。

※停電時(自立運転時)、蓄電池ユニットは機器の保護のため、蓄電残量が10%~20%程度になると放電を停止します。 突然の停電に備えるためには30%以上に設定されることをおすすめします。









安心の長期保証制度

蓄電池ユニットを含めた構成機器の15年保証がスタート!

太陽電池モジュールの出力低下に対しての保証

[電力会社との電力受給開始日から10年間]
JIS C 8918に示された公称最大出力に対して、81%未満となった場合(81%:JIS C 8918に示された出力下限値(公称最大出力の90%)の90%)
[11年目から15年間]
JIS C 8918に示された公称最大出力に対して、72%未満となった場合(72%:JIS C 8918に示された出力下限値(公称最大出力の90%)の80%)


保証の対象機器に製造上の不具合が生じた場合

[対象機器]
ハイブリッドパワーコンディショナ、DC/DCコンバータ、蓄電池ユニット、計測・操作ユニット、特定負荷用分電盤(保証規定に従う)
※専用表示ユニットは2年保証となります。
※蓄電池ユニットは充電可能容量が下記に示す値となった場合に対象となります。
[保証開始から10年間]初期値の60%未満
[11年目から5年間]初期値の50%未満


施工保証(雨漏り保証含む)を標準で装備

[太陽電池モジュール設置部からの雨漏りも本保証で対応 標準架台以外を用いた場合、および陸屋根架台、金属折板屋根用架台を用いた設置の場合は施工保証(雨漏り保証を含む)の対象外となります。また、屋根材、家屋の構造によっても同様に施工保証(雨漏り保証を含む)の対象外となる場合があります。(例:茅葺屋根、土葺屋根 等)

蓄電システムの保証年数は10年保証が一般的ですが、標準で15年保証を採用しています。

施工事例はこちら